インプラント失敗しないために…Top >  インプラントって? >  差し歯や入れ歯とどう違うの?

差し歯や入れ歯とどう違うの?

普通、差し歯と呼ばれる治療法は、
自分の歯の根っこは残してあります。

小さいながらも残した「自分の歯」に
精巧な「かぶせもの」を施すわけです。

ということえ、「自分の歯」が残っていることが条件になります。

また、「歯が根っこからダメになった」という場合は
差し歯もできません。
その場合は「入れ歯」になります。
取り外し式の入れ歯もありますし、
両隣の残った歯を橋げたに使い、
ブリッジと呼ばれる技法を用いて
人口の歯を施すこともできます。

インプラントは、骨に直接「人工の根っこ」をつくるので
隣の歯がなくてもできます。
また、耐荷重など、噛む行為も自然に近いものがあります。


関連エントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://eza01.com/mt/mt-tb.cgi/9

インプラント失敗しないために…Top >  インプラントって? >  差し歯や入れ歯とどう違うの?