インプラント失敗しないために…Top >  インプラントって?

インプラントって?


インプラントって?項目一覧

インプラントってなんだ?

インプラント=人工歯根ともいわれます。 歯の根っこはどこにあるかというと、歯槽骨という骨にあります。 で、インプラントは、その骨の部分に「ねじ穴」をきって そこに人工の歯を埋め込むのです。 この療法の開発者は、ペル・イングヴァール・ブローネマルク博士 といわれています。 ブローネマルク博士とその研究チームは、 ある基礎研究のためにが動物の体内にチタン片を埋め込んでいました。 そしてその研究が終了したとき、埋め込んだチタンが どうしても骨から取り外せなくなったのです。 これはとても幸運なことでした...

差し歯や入れ歯とどう違うの?

普通、差し歯と呼ばれる治療法は、 自分の歯の根っこは残してあります。 小さいながらも残した「自分の歯」に 精巧な「かぶせもの」を施すわけです。 ということえ、「自分の歯」が残っていることが条件になります。 また、「歯が根っこからダメになった」という場合は 差し歯もできません。 その場合は「入れ歯」になります。 取り外し式の入れ歯もありますし、 両隣の残った歯を橋げたに使い、 ブリッジと呼ばれる技法を用いて 人口の歯を施すこともできます。 インプラントは、骨に直接「人工の根っこ」をつくるので 隣の...

インプラント失敗しないために…Top >  インプラントって?